WORKSHOP

ワークショップとは

楽器、経験不問、ボーカルも歓迎です!

 自由曲をサポータと共にまたはご希望の編成で演奏(歌唱)して戴き、演奏後お話しを伺います。音と言葉によって人物像がより浮き彫りになり、更に参加者とファシリテータやサポータとの会話を重ね、次へのアイディアが生まれ、新たな模索が始まります。

 各楽器、ボーカリストも朗読も、またジャンルも問わず、ジャズ、ロック、ラテン、ポップス、オリジナル……できるだけ色々なジャンル、スタイル、楽器、年代の方に来て戴くことを望んでいます。目的は音楽の共有と、音楽について語り合うことです。​

​ファシリテータ経験37年の廣木光一が進行役を承ります。

開催方法、ご依頼などお気軽にご相談下さい。

 ※ファシリテータ:教育、自己表現などあらゆる創造活動の現場で進行、引き出し、促進、調整する役割の人。ミュージック・ワークショップの場合、セッション・リーダーやインストラクタの要素も持ちつつ、ファシリテータを含む参加者全員が同じ地平にいることを重きに、また特にビギナーに寄り添うことを心がける。

 

2019.10.9

191228_workshop.jpg
お問い合わせ>>

2019.7月で18回目を数えたミュージック・ワークショップ岡山の拠点

<三蟠スタジオ>音楽の原点を感じる場所

© 2019 hirokimusic