レバノン映画『存在のない子供たち/ナディーン・ラバキー監督』

最終更新: 2019年8月31日


2018年、第71回カンヌ国際映画祭、『万引き家族/是枝裕和監督』が最高賞・パルムドールを受賞した。以下その年のノミネート作品で私が観ただけでも、『ブラック・クランズマン/スパイク・リー監督』、『バハールの涙/エヴァ・ユッソン監督』、『幸福なラザロ/アリーチェ・ロルバケル監督』(以上コンペティション)、『Girl/ガール/ルーカス・ドント監督』(ある視点)、と優れた作品が並ぶ中、コンペティション部門審査員賞を受賞したのが『存在のない子供たち/ナディーン・ラバキー監督/レバノン、フランス』だ。と言ってもそのことを知ったのは観終わってからなのだが、上記ラインナップにあって鎬を削った事にも大いに納得する。






主演:ゼイン・アル=ラフィーア氏(12)は、俳優ではなく普通の子供。写真の虚ろな眼差しは、もはや演技ではなく彼等の日々の現実を映し出す。この作品、他の出演者もほとんどが役者ではなく、それぞれに困難を乗り越え、また現在も苦況にある人達だという。公式サイトの「CAST」にあるプロフィールを是非読んで戴きたい。





レバノン映画、もしくはレバノンも製作国に含まれる映画にこの半年で3本接していた。『判決、ふたつの希望/ジアド・ドゥエイ監督/2017/レバノン、フランス』


『セメントの記憶/ジアード・クルスーム監督/2017/ドイツ、レバノン、シリア、カタール、アラブ首長国連邦』


いずれも中東の緊張と民衆の労苦が伝わる、ハイレベルかつ重要な作品。


#存在のない子供たち

#ナディーンラバキー監督


♪写真は公式サイトから拝借

24回の閲覧

 

 

© 2020 hirokimusic